Webライターとは?あなたの理想が実現する仕事かも?

Pocket

あなたは、今、自身の仕事の事や将来をどのように考えていますか?

 「手に職をつけたい」とか、「結婚後も働きたい」など、
何歳になっても活躍出来る仕事や、
専門性のある仕事に就けるような「スキル」を持ちたいと思っていませんか?

女性は、結婚や出産などのライフイベントで生活が大きく変わるため、
自分の働き方に悩みを持っている人が多いのではないでしょうか。 

未経験で資格も不要で、誰でも始めやすい仕事があったら、
あなたもやってみたいと思いませんか?

今注目度が上がっていて、人気のあるWeb業界。
その中でも、今オススメなのがWebライターです。

Webライターは未経験でも始めることが出来て、
スキルをあげることが収入アップにも直結することから注目を集めています。

この記事では、女性にとっての理想の働き方が出来る、
Webライターについてお伝えしていきたいと思います。

Webライターとは?

Webライターとは、Web上で文字を書く作業をする人のことです。
Web上にある、あらゆる情報は、文章で表現されることで、始めて読者に伝わり、
世の中に出て行きます。
Webライターの仕事内容や将来性についてみていきましょう。

実際のWebライターの仕事内容

Webライターは、ネット上の文章や記事を書くお仕事です。

あなたも日頃よく目にする、yahooニュースやインターネット上で商品を販売するWebサイトに掲載する商品の説明文など、これらのサイトに記事を載せるための原稿を書くのがWebライターです。

幅広い内容の文章を書く仕事ですので、個人事業主やフリーランスとして働くWebライターも多く、その場合は、主にクライアントから発注をうけた文章を書き納品することが仕事になります。

詳しい仕事内容はこちら↓
WEBライターの仕事内容は?現役WEBライターが解説

Webライターになるためには?

Webライターになるための決まった方法はありません。
資格や学歴もほとんど関係なく、稼げるかは別として、すぐにライターとして仕事を始める事が出来ます。

 私たちは小さいころから作文や感想文など、誰もが一度は文章を書いた経験があるはずです。
Webライターは文章を書くことの延長線にあるため、特別なスキルがなくても誰にでもチャレンジ出来る仕事です。

最近では、クラウドソーシングサイトを利用して、学生や主婦、副業でWebライターをやっている人もたくさんいます。
環境さえあればどこでも仕事ができるので、Webライターはどんどん増えてきています。

 

未経験からのWebライターの始め方

ライティングは未経験でも出来るなら早速始めよう!と思っても、何から始めたらよいか分からないですよね。
「難しそうだな…。」
と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

ライターの仕事をしてみたいという方にオススメなのが、クラウドソーシングサイトです。
ライティング未経験でもライティング案件に取り組む事ができるし、初心者向けの案件もたくさん揃っています。早速、仕事を取ってみましょう。

また、Webライティングは実務から学ぶ事も多いです。実際に仕事した方が、確実に成長が早いと思います。

Webライターの需要と将来性

ここ数年で、Webライターの注目度が上がっていますが、どうしてWebライターの需要が高まっているのでしょうか?
将来性はあるのでしょうか?

Webライターの需要

Webライターは需要の高い職種で、未経験から始めて専業への転身に成功する人も少なくありません。その理由は、ネットの普及です。

スマートフォンの普及とともに、「何か知りたい時はまずWebを頼りにする」
「時間があればスマホで何かしらの情報を目にしている」という人が増えています。
そして、オウンドメディア制作に取り組む企業も増えているため、Webライターの需要は増えています。

今から経験を積んで質の高い記事や、さまざまなジャンルの記事を書けるようにして、経験を増やしておくことが、将来のために必要です。

Webライターの将来性

Webライターの年収は個人差があるので、一概に言えないのですが、
まだ経験が浅いうちは、稼ぎたいという想いとは裏腹に、文字単価の低い仕事が多いため、最初から高収入を得る事は難しいかもしれません。

ですが、初めは「実績を積む場」ととらえて仕事を引き受けるのも良いと思います。実績やスキルを積んでいけば、収入アップなど目に見る形で現れることでしょう。

そして、Webライターの将来性は間違いなくあります。
2016年にGoogleの年間検索回数が2兆回を超えました。
ここからもわかる通り、世界的にWeb記事から情報を収集している人が多いということがわかります。

Webライターがおすすめの理由

Webライターは、言ってみれば誰でもなれる職業ですが、どんな人が向いているのでしょうか?
Webライターのメリットとデメリット、Webライターがおすすめの理由とは?

Webライターはこんな人に最適!

Webライターは常に文章と向き合っている仕事なので、向き不向きはあります。
Webライターは人に伝えることが仕事ともいえるので人に何かを伝えることが好きな人」には向いている仕事です。

Webライターを目指すきっかけは人それぞれですが、文章を読むことや、書くことが好きな人がライターに向いています。
ライターは自分の文章に値段がつけられるため、文章のクオリティーを上げなければなりません。それは、才能ではなく、努力が必要です。

普段からたくさんの種類の文章に接することや、自分なりに人に見せることを意識した文章を書きながら、クオリティーを高めていくことがライターには大切です。

また、ライティングにあたって、インターネット上の情報をリサーチすることは欠かせません。
ネットで何かを調べるのが好き、知らない人に会って話を聞くのが好き、など、好奇心が旺盛な人が向いています。

子育て中のママや主婦にも人気のWebライター

女性は、結婚や出産、子育てなど多くのライフイベントがあるため、独身時代はバリバリ仕事が出来ても、結婚や子育てとなるとそうはいきませんよね。今までと同じような働き方ができないのも事実です。

子育て中のママや主婦の方は、長時間外で働くことが難しくなる場合もありますよね?
Webライターがおすすめの理由は、自宅で働ける時間を自分で選ぶことができるので、子供を保育園に預けなくても、育児をしながら、そして家にいながら仕事が出来るため、自分でスケジュールを調節出来て、無理なく仕事が続けられるからです。

Webライターのメリットとデメリットは?

①Webライターのメリット

資格がなくてもできる仕事のため、プログラマーのような専門知識がなくても未経験からスタートする人が多いです。

そして、初期費用はかかりません。パソコン1つあれば始める事ができます

また、Webライターは自宅で仕事が出来るので、人間関係のいざこざはなく、仕事量も自分で調節できるため、自分のペースで、空いた時間や隙間時間に仕事ができます。

②Webライターのデメリット

自分で仕事量を調節できる反面、クライアントさんは高品質な記事をWebライターに求めているので、記事のクオリティーも求められます。
クライアントさんの意向に沿わない記事は何度も修正依頼が来ることもあります。

また、Webライターの仕事は、多くの人は1人で仕事をしています。
分からないことがあったり、励ます仲間がすぐ近くにいないので、時々気分が落ち込むことも・・・
他のライターさんとの交流も大切ですね。

まとめ

いかがでしたか?
経験のないあなたも、Webライターを初めてみようと、ワクワクしませんか?
まずは、あなたの書きたいことをリストアップし、仕事を取って、どんどん書いていきましょう。
始めるまでは高い壁のように思うかもしれませんが、やってみると、とっても楽しいですよ。

Webライターはお小遣い稼ぎから、うまくいったら独立までできる、夢のあるお仕事です。
未経験の人でもできるので、挑戦する価値があります。
将来にむけて新たなチャレンジをしてみませんか?(^^♪

この記事を読んで、ライティングに興味を持って下さった方、
公式LINEやってます。
http://writer-college.jp/free/line/

ライティングのお役立ち情報が満載です。ぜひ、登録してみてくださいね。