自由な働き方ができる!稼げるフリーランスライターになるには

Pocket

最近、企業内でもリモートワークやフレックスタイム制などを取り入れる企業も増えていて、働き方の幅が広がってきていますよね。

そんな中で、「もっと自由に働きたい!」と考える人も増えたことから、会社を辞めてフリーランスという働き方に変える人も、珍しくなくなったようです。

・フリーランスという働き方に興味はあるけど、よくわからない

・本当に自由な働き方なの?

・特別なスキルがないと稼げないのでは?

フリーランスの良い点・悪い点が知りたい!

このような方のために、フリーランスという働き方について紹介していきます。

また後半は、フリーランスとして働く人の中でも比較的多い「フリーランスライター」(特にその中でもwebライター)を例に、
フリーランスとして成功するために大切なポイントも、お伝えできればと思っています!

フリーランスという働き方

メリット

そもそもフリーランスとは、簡単に言うと、「特定の企業や組織に所属せず、案件ごとに契約・仕事を請ける働き方」のことです。

この説明からもわかる通り、フリーランスの最大のメリットは、自由度の高さです。

自分にとって、一番仕事がはかどる時間帯や場所で、自分が請けると決めた仕事だけをやることもできます。

もちろん始めのうちは、生活のために、ある程度の仕事量をこなさないといけないかもしれません。
しかし慣れてくれば、自分で仕事のペースやスケジュールをコントロールしながらお金を稼ぐことができる、自由度が高い働き方なのです。

デメリット

一番大きなデメリットとして考えられるのは、やはり収入の安定性です。

企業に所属している会社員(正社員など)の場合、祝日により出勤日数が変動しても、基本的にはひと月に決められた額の給与をもらうことができます。

しかしフリーランスの場合は、案件ごとに報酬が支払われるため、
働いた分だけ収入が入ってくる(稼げる)とも言えますし、
反対に、案件がなく、働くことができなければ収入は入ってきません

他にも会社に所属していないということで、社会保険の加入や、年末調整などの各種手続きを自分でやる必要があったり、
ローンを組むような大きな買い物をするときに、安定した収入実績を証明する必要があったりするようです。

こんな人におすすめ! 

メリット・デメリットをお伝えしましたが、とにかく「しっかりと自己管理ができる人」であれば、フリーランスという選択をしても大丈夫なのではないかと思います。

・仕事の管理(生活のための仕事量・やらなければいけない手続きなど)

・時間・スケジュールの管理(期限を守るなど)

・体調管理(睡眠時間の確保など)

これさえできていれば、例えば、旅行先などで仕事をしても、誰からも文句を言われることはありません!
また、家事や育児をしながらでも、家で好きな時間に仕事ができるというのは、嬉しいことですよね。

フリーランスライターとは

フリーランスライターとは、その名の通り、フリーランスとして文章を書く人のことです。

一般的にライターというと、雑誌や新聞の記事を書く人や、記者と呼ばれる仕事が思い浮かぶかと思います。
その中でも近年、案件・ライター共に増えているのがweb上にある記事を書く“webライターです。

記事のジャンルは幅広く、ブログのように自分の体験や経験を伝えるようなものから、広告の文章や、商品の説明文など様々なものがあります。

フリーランスライターになるための道

現職を続けながら始めてみる

フリーランスに興味がある方の中には、将来的には家で仕事をしたり、今よりももっと自由に時間を使って働けたらいいなと思ったりしている人もいるかもしれません。

しかし、今の安定した生活をすぐに捨て、フリーランスとして、いちから仕事を取っていくには、ある程度の勇気や覚悟が必要です。

webライターであれば、まずは現職を続けながら始めることができます

クラウドワークスやランサーズなどといったクラウドソーシングサイトには、webライティングの仕事が多く掲載されています。

「ライティング初心者や、ライターじゃないけど挑戦してみたい方も歓迎!」
「執筆量、スケジュール共にご自身のペースで設定可能」などの案件もありますので、
まずは休日などの空いた時間で、1記事から無理なく始めることができそうです。

web制作会社でライターとして勤務してみる

「まずはライターとして、しっかりとした基礎を身に着けたい」
「これからはライターとしてやっていくんだ!」という人は、
思い切って転職をし、企業に所属しながらwebライターとして働いてみるのもいいかもしれません。

最近では、雇用形態もアルバイトだけでなく、正社員としての募集も見かけるようになりました。

実際にwebメディアを運営する会社の中に入れば、本格的なライティング技術だけでなく、ゆくゆくは編集者としての経験を積める可能性もあります。

また、将来フリーランスライターになる際にも、経歴として大きなプラスになるはずです!

思い切ってフリーランスライターを名乗ってみる

フリーランスライターとして稼いでいくためには、まず仕事を受注しなければなりません。
もちろんクラウドソーシングサイトで仕事に応募・受注をしていくことも大事ですが、自分の周りにライティングを必要としている人がいないか、一度聞いてみてもいいかもしれません。

例えば、SNSでフリーライターになったことを宣言すれば、知り合いから声がかかる可能性もあります。
仕事を頼む側としても、「知っている人に頼めるのならば安心」「サイトなどの仲介者を通さないので、割安でオファーできる」など、メリットはありますので、試してみる価値はありそうです。

フリーランスライターとして生きていくには

信頼を勝ち取る

どんな仕事でもそうですが、やはり仕事を任せてもらったり、案件を継続的に受注していったりするためには、クライアントに信頼してもらえるよう、行動しなければなりません。

例えば、「依頼に沿ったものを作る」「締め切りを守る」「報告・連絡・相談を怠らない」など、社会人として当たり前のことではありますが、これもとても大切なポイントなのです。

単価をアップしていく

フリーランスライターとして生活をしてくためには、ある程度の収入が必要です。

どちらかというと、最初のうちは単価が低いため、数をこなしていくことになるとは思います。
しかし時間にも限りがありますので、ある程度力がついてきたら、クライアントに単価アップをお願いしてみましょう。

お金の交渉をするのは苦手な方もいるかもしれませんが、これも大事な仕事の一つですので、気にせず相談してみましょう。

専門性を高める

webライターが増えてきている今、専門性の高いライターになることができれば、他のライターとの差別化ができます。

例えば、これまでの仕事の知識や経験を活かして書くのもいいと思います。

また旅行や食など、興味のあるものを得意分野、専門分野にすることもできるので、とにかくジャンルを絞って書き続けていくことをおすすめします!

まとめ

フリーランスライターは、好きな時間・場所で、自分の興味のあることについて文章を書くことができる仕事だと言うこともできます。
しかし、その分自分でスケジュールを立て計画的に仕事をする必要があります。

これまで企業に所属し、チームで仕事をしたことがある人であれば、フリーランスになったとしてもそのままの感覚で仕事をすれば、何の心配もありません!

将来、ライフスタイルが変わったときの働き方のひとつとして、フリーランスライターという選択も考えてみるのはどうでしょうか?

えいみー
ライカレ入門5期卒業生。
普段はちょっとニッチな人材を扱う人材業界の営業女子です。

 

趣味は旅行と体を動かすこと。
将来はいつでもどこでも稼げる人になるべく、ライティングの勉強中です!