ライティングの意味〜現代でもっとも重要なスキルはコレ!〜

Pocket

おちよん
初めまして!ライティング講座0期卒業生のおちよんです。
講座は2018年10月に終了したばかりで、ライター歴半年余りの新人です。
ライティングに関してはまだまだルーキーですが、そんな私だからこそ、皆さんにお伝えする情報は、正確かつ誠実なものを書かなければ、と日々考えて記事を書いています!

今回は「ライティングの意味」についてお伝えしていきたいと思います。

意味、と一言で言いますが、どういうことなのでしょうか。

今やWEB記事や、ブログ等のSNSは私たちの生活に浸透しつつあります。

電車の待ち時間や少し時間が空いた時にパソコンやスマホでネット記事を読んだりすることもあると思いますし、LINEやFacebookなどのSNSは、やっていない人のほうが少ないかと思います。

では、そもそもこういったものが読まれているのはなぜでしょうか。

ここまで浸透した理由は一体なんなのでしょう。

それは、これから読んでいただける記事で、徐々にお分かり頂けるかと思います。

そして、ライティングの表わす「意味」について、皆さんにお伝えできたらいいなと思っています。

ぜひ、この世界に触れるきっかけにして頂けると嬉しいです。

ライティングとは

そもそもライティングとは何でしょうか?
直訳すると「writing=書くこと」と表現されます。

余談ですが、照明を意味する「lighting」という単語もありますが、ここでは書くことを意味する
「writing」についてお伝えします。

なぜライティングをするのか

では、ライティングの目的って、いったい何なのでしょうか。

ライティングされたものは通常、新聞や雑誌といった紙媒体と、スマホやPCなどで読まれるデジタルコンテンツの2種類に分かれ、私たちのもとに届きます。

このうち、デジタルコンテンツとして配信される記事などは、通称「WEBコンテンツ」と呼ばれます。

WEBコンテンツは、電車の待ち時間や昼休みなど、自分の好きな時間に読めるため「読み物」としての手軽さから、エンタテインメント色の強いイメージがあるかもしれません。
ですが、その目的は、ただ楽しんだり、役立つ情報を得る、というだけではありません。

集客や商品購入が目的の場合にも、WEBコンテンツは重要な役割を持っているのです。

その役割についてご説明したいと思いますが、その前にまず、ライティングの種類から見ていきましょう。

ライティングの種類

ライティングには色んな種類があって、ブログなどもそのくくりになります。

ライティングの種類について簡単に説明すると、以下のような感じです。

WEB

企業のWEBサイトに書き込むテキスト作成や文章の再組立てを行います。SEO(検索エンジン最適化※検索結果の上位に表示されるように行う施策)を意識したライティン グが求められます。

ブログ記事

ブログに掲載するまとめ記事、インタビューなど、幅広い分野のライティングです。

メールマガジン

企業のメールマガジンのライティング。通常はその会社のWEB担当、広報担当がライティングをしますが、プロのライターに任せている場合もあります。

インタビュー記事のテキスト作成

インタビューや対談、座談会などの取材記事のテキストライティングです。

インタビュー記録は録音が主となっており、インタビュー時の言葉を文字に起こすと、日本語が間違っている場合が多いため、日本語の知識、文章表現力が求められます。

また、新聞や雑誌などは文字数に限りがありますので、インタビュー時に話された内容を変えずに的確にまとめる能力が必要となります。

コピーライティング

チラシやポスター、ダイレクトメールといった、各種広告物のキャッチコピーを考えるお仕事です。いわゆる商業ライティングといわれるものです。

お客様の声・導入事例

商品やサービスなどの導入事例、商品を利用したお客様の実際の声などを取材し、ライティングします。

レビュー

映画、音楽、書籍の書評、食品、お店、電化製品などのライティング。各専門分野に強いライターがレビュー記事をライティングします。

専門コラム

美容、ファッション、医療などの専門分野をライティングします。主に専門分野での実務経験がある人がライティングします。

ルポタージュ(報道)

社会問題や事件などを取材し、記録したものをコラムや小説っぽくライティングします。

メディカルライティング

製薬業界で使用される用語です。治験に関する全ての文書を「治験薬概要書」という、新薬を厚  生労働省に申請する場合に必要な書類を要求するレベルで作り上げるためのライティングで
す。

クリエイティブライティング

小説や脚本、詩といった文書のライティングがこれにあたります。想像力が求められます。

以上が主なライティングの種類です。

最近では、こうしてライティングされたものが、WEB上でも気軽に読むことができるようになってきました。

このことから次に、デジタルコンテンツであるWEBコンテンツのライティング、いわゆる「WEBライティング」についてお伝えしたいと思います。

この、「WEBライティング」が意味するものを知れば、ライティングスキル持っていることの意味を理解いただけること間違いなしです。

WEBライティングについて

冒頭でも触れましたが、WEB記事やブログ、SNSなどインターネット上で文章を読むことは、誰もが1日1回はやる当たり前のことになっています。

実際にこの記事を読んでいるあなたも、毎日ネット上の文字にふれていると思います。

なぜ、ここまで世の中に浸透してきたかということから、WEBライティングについて読み解いていきたいと思います。

パソコンの普及による情報伝達手段

WEBライティングが必要になったのは、パソコンが普及してからです。

パソコンが普及してきたことにより、メール機能に目をつけたのが企業です。
それまで電話やファックスでやりとりしていたものが、徐々にメールのやり取りが加わり、伝えることが必須スキルとなるにつれ、書く能力が必要となってきました。

そしてパソコンは徐々に一般家庭にも普及していきます。
一般の人もEメールやチャットを始めるようになっていきました。
そこから、書く技術は少なからず一般の人にも必要になってきたのです。

スマートフォンの普及

次に、携帯電話の普及が挙げられます。

携帯電話には当初、メール機能がついていませんでした。
それが、各メーカーの技術力の向上により、メール機能が使えるようになってきました。
通話でなく文字で伝えたいことを伝える時代に入っていきます。
メール文を書いて伝える能力が必要になってきたのです。

さらに時代は進んで、スマートフォンが普及しだしたあたりから、スマホでネット検索をすることが当たり前となり、ネットの文章を読む機会が格段と増えました。

また、TwitterなどのSNSやLINEのようなコミュニケーションアプリが普及して、自分がネットで文章を読むだけでなく、自分自身でも文章を書くことが増えたのです。

もはや、人と人とのコミュニケーション手段は、実際の会話ではなく、文字によって行われることの方が多くなってきていますね。

WEBコンテンツの普及

そして第三に、WEBコンテンツの普及が挙げられます。

最初のほうでもご説明したとおり、WEBコンテンツとは、パソコンやスマホといった、デジタルコンテンツ上に配信される記事などの情報のことです。

買い物をしようと考えて商品情報を検索したり、お店を検索したりと、今や情報を得ようと思ったら、パソコンやスマホでWEB検索する人は多いと思います。

この、皆さんがネットで目にする情報は、全て「WEBコンテンツ」です。

他にも、ブログやツイッターなど、個人が発信する情報も「WEBコンテンツ」といえます。

一般の人や芸能人などが書くイメージのあるブログやツイッターですが、WEBコンテンツを「書く」技術が必要となってきたこともあり、最近では、WEB上に記事を書くことを職業とする「WEBライター」も登場しています。

パソコンやスマホが普及した昨今、WEBライティングは、時代を色濃く反映した表現手段であり、情報伝達手段である、といえるでしょう。

WEBライティングの意味

WEBコンテンツの役割

ここまで読んできて、ライティングは今や情報伝達に欠かせない重要な手段であることはお分かり頂けたかと思います

WEBコンテンツは、読んで楽しかったり役立つ情報が入手できるように書くもの・・という側面がありますが、それ以外にも、集客や売上アップに活用されることがあります。

いずれにしても、「読んでもらうこと」が重要なことから、WEBライティング特有の書き方が必要になります。

抑えておくことは、以下2つです。

SEO(検索エンジン最適化)を意識したライティング
PCやスマホなど、読む手段を選ばず読まれること。

SEOは、検索エンジン最適化のことで、あるキーワードを検索したときに、上位に表示させる施策のことをいいます。
せっかく書いたのに、誰にも読まれないなんて、切ないですよね。
そうならないために、検索した際、上位に表示させることで、読まれやすくする目的があるのです。

また、どんなデジタル媒体でも問題なく読めるように書くことも大切です。
PCでは読めるけど、スマホで読めないとか、読みにくいというようでは、デジタルコンテンツの意味がないばかりか、その役割をじゅうぶんに果たしているとはいえません。

こうした技法を駆使することで、読み手が読みやすい、いわゆる「読まれる」コンテンツになるのです。

ライティングをするにあたって重要なこと

そんなWEBコンテンツについて、もう一つお伝えしたいことがあります。
それは、情報の正確性です。

通常ネットの記事やブログを読むとき、その内容を信用して読み進める人がほとんどかと思いますが、中にはどこから持ってきた情報なのか、疑わしいしいものがあるのも現状です。

なぜこういうことが起こるのでしょうか。

その理由は、例えば、書籍や雑誌などの紙の記事の場合、掲載されている内容に違いがあれば、印刷物の回収となり、膨大なコストがかかったりします。

このことから、情報発信元媒体によって、掲載する内容はしっかりチェックされます。

その反面、WEBコンテンツの場合は、間違いに気づいても、簡単に記事の書き直しが可能なことが多いため、コストがかからないことから、発信元の情報をしっかりリサーチし、チェックしてから掲載するとは限りません。

そのぶん、記事の信ぴょう性が少ないまま、ネット上に流れてしまうことが少なくないのも現実です。

また、情報発信することに責任感を感じているように見受けられないライターがいることもまた、理由の一つです。
こうしたことが、正確性の高くない記事が出回る原因になってしまっていることも事実です。

情報発信の際には、個人や企業のモラルを元に、正確性の高い記事を書くことが求められます。

ライティングを始めるにあたっては、こうしたことを頭において書く、ということも大切なのです。

まとめ

ここまで、ライティングの意味についてお伝えしてきましたが、その意味について、伝わっていれば嬉しいです。

WEBライティングって、奥深いですよね。

初めはパソコンが普及しだしてメールが情報を伝える手段となりました。この時はまだ、企業が情報を伝える手段として使用する程度しか普及していませんでしたので、書く技術は業務上のメール送信のみに限られていました。

スマートフォンが、普及した現代になってからは、記事などからの情報収拾にとどまらず、SNSなどで文章を使ったコミュニケーションが当たり前の時代となっていきました。WEBコンテンツが普及してきたことにより、ライティングの技術は仕事・プライベート問わず非常に重要なスキルとなったのです。

学べば学ぶほど奥深く、実に楽しい。
これがライティングです。

あなたもそんなライティングを学んでみませんか。

この記事を読んで、ライティングに興味を持って下さった方、

公式LINEやってますので、是非登録をお願いします!
http://writer-college.jp/free/line/

ライタースクールの公式サイトはこちらです。
http://writer-college.jp/